特殊清掃と匂い

特殊清掃で一番大変なことはなんだと思いますか。

特殊清掃で一番大変なことはその匂いです。

現場に立ちこめる匂いは得も言われぬ匂いです。

腐乱した痛いから発するガスのようなもの、体液、それらが染みついた部屋というのは、今まで嗅いだことのない匂いがするそうです。

もちろん、いい匂いなわけがありません。

その匂いに耐えることがまず特殊清掃をするうえで一番重要なことでもあると言えると思います。

そしてもちろんですが、特殊清掃ではこの匂いをとらないといけません。

特殊清掃では、家や部屋にしみついてしまった腐乱臭を特別な機械や洗剤などを使って綺麗に落します。

多くの場合匂いというのは特殊清掃が清掃することによって落ちますが、あまりに年月が経過してしまっているような死体の場合だと落ちないこともあります。

そう言った場合は、リフォームするしかないかもしれません。