特殊清掃は人のため

特殊清掃というのは決してなくならない仕事です。

そして誰かが必ずしなくてはいけない仕事です。

特殊清掃という仕事が出来て、その人達が特殊清掃をしてくれるからこそ、多くの孤独死をした人達の部屋は綺麗になるし、孤独死で亡くなった人たちの魂も浮かばれるのだと思います。

精神的にも肉体的にも壮絶な仕事だと思います。

普通の精神状態では長く続けられない仕事だと思います。

けれど、もちろんこの仕事は人のためにする仕事だからと誇りを持って行っている人もいます。

特殊清掃というのは大変な仕事ですが、亡くなったその人のため、そして周りに住んでいる人のため、亡くなった人の家族のためにもなる仕事です。

大変な仕事ですし、なかなかこの仕事に就きたいと考える人は少ない仕事かもしれませんが、孤独死が増えるであろうこれからの世の中では絶対になくなってはいけない仕事です。

●関連ページ:http://business.nikkeibp.co.jp/article/report/20131024/255021/?P=2&ST=smart

特殊清掃と近隣の部屋への配慮

孤独死や自殺の場合、アパートなどで亡くなっていることが多いそうです。

そうした場合近隣の人や、アパートの大家さんがその死体を発見することが多いそうです。

【関連サイト:http://www.rakumachi.jp/news/archives/22916

近隣の人が気付く場合、多くはやはり死体から発する腐乱臭で気付く場合が多いそうです。

そうした場合は、その腐乱臭というのは、その部屋まで移ってしまっていることも少なくありません。

亡くなった人の住んでいた部屋を特殊清掃するだけではその匂いが取れないことも多いです。

そうした場合は、その近隣の部屋の匂いまでキチンと落すことが必要になります。

もちろん、多くの特殊清掃を行っている業者では近隣の部屋の消臭も行っています。

独特のにおいが鼻に残ってしまって綺麗に特殊清掃で消臭されていても匂いを感じることがあるかもしれません。

そうした場合は、その部屋から引っ越すことしか手段はないかもしれません。